日本ではギャンブルは合法ですか?

ギャンブルの法的事項

ギャンブルは、ゲームに勝つために相手をだまそうとする賢くて高度にインテリジェントな人々によって行われるスポーツです。だまされてしまうことから経済を保護し、成長から経済を保護するために、政府または規制機関は市民の利益のために法律と規則​​を作成し、より大きな利益の目的を念頭に置いています。しかし、誰もがルールを守っていません。地下の賭博場でギャンブルを続ける人もいれば、抜け穴を見つけてシステムを最大限に活用しようとする人もいます。政府は禁止を課し、感情的および社会的幸福のために国を保護するための制限を作成します。 政府がギャンブルのような活動を合法化し、自主規制することは、政府がより適切に制御できるようにするための最良の選択肢です。当局が行動を禁止または禁止すると、人々はそれを行う傾向が強くなり、ドーパミンは神秘的な方法で機能することが観察され、理解されています。アメリカ合衆国では、マリファナの合法化と医療店での販売により、マリファナの使用者が減少しました。日本政府は何らかの方法でギャンブルの影響を抑える努力をしてきましたが、最大の問題は、悪名高い日本のマフィアであるヤクザがほとんどのギャンブル市場や賭けサークルを支配していることです。それ以外に、オンラインギャンブルは、警察から身を守りたいプレーヤーにとって大きなプラットフォームになっています。プレーヤーは偽名から登録し、インターネットプロバイダーのアドレスを変更し続けます。仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用し、しばらくしてからデバイスを変更します。そのような場合、当局が誰かを捕まえることは完全に疲れるようになります。 2010年にオンラインギャンブルの事件で逮捕され、被告は彼のウェブサイトを通じて100万ドル以上を稼いだと述べた。 日本の刑法第3章によると、一般的な意味での賭けは禁止されています。これは、ギャンブルが機能するための多くの灰色の領域を残します。政府は、競馬、宝くじ、パブリックドメインのゲーム、モータースポーツなどのいくつかのギャンブルスポーツに対して免責を提供しています。政府の見解では、これらの活動への賭けは規制されています。したがって、税を課し、収入を生み出す上で、政府にとって有益です。カジノは絶え間ない議論の下にありますが、政府はそれを合法と宣言しないというその決定に固執します。一部の代表者はカジノギャンブルの余地を作ろうとしましたが、失敗しました。最後に、2018年に日本政府は、カジノを統合リゾート(IR)の形式でのみ開くことを許可しました。これらのリゾートは、プレイヤーがカジノに入ることを思いとどまらせるように、多額の入場料を請求するように求められました。

Continue reading

Copyright © 2020 にわコヤ| 全著作権所有

Log in with your credentials

Forgot your details?